投資

金が下落傾向(調整局面?) 金関連ETFを買うっきゃないでしょ

こんにちは、キジくんケンケンブログのキジけんです、ケンケン。

金価格が今年(2020年)8月に高値を付けて以降、下落傾向にあります。次のグラフの通り(出典:楽天証券)。

しかし、・・・コロナ、か(禍)にたいする、きんゆー、せーさくとして、こ、れからも、世の中に、かへい(貨幣)が、・・・きょ、供給され、続ける、と、い、われている、んだ(棒)。

えっ、ナニナニ? なんで急に棒読みになるかって?

ま、そこは、人の受け売りだからしかたないです、ハイ。

これは、動向を見つつ、金関連ETFを仕込むしかないでしょ。

金ETF:GLD、GLDM、IAU

金鉱株ETF:GDX、GDXJ

GDXを注文!

GDX(ヴァンエック ベクトル 金鉱株ETF)が33.5~34.0 USD付近で底を打ったように見えました。

一世一代いっせいいちだいの大勝負に出ることにしました。

今日、(2020年)11月27日、成行なりゆきで買い注文しました。

えっ、ナニナニ? 何株注文したかって?

そ、それは、・・・えーと、・・・10株、・・・です、・・・ハイ。

なぜか約定しない

上記のように、金鉱株ETFのGDXを11月27日(金曜日)に成行で注文しましたが、なかなか約定しません。11月27日と言っても、11月27日の昼間ではなく、未明のことです。

日本時間の未明というのは、アメリカ時間では取引時間のはずです。

「おかしいな、ケンケン」僕は思いました。

成行ならすぐにでも約定してもいいはずなのに。

いや、「約定」と表示されるか「完了」と表示されるかはわかりませんが、「注文中」といつまでも表示されているのはおかしいです。

僕は「約定したら、すぐに寝よう」と思っていましたが、いつまでも「注文中」のまま画面の表示が変わりません。

どうもいろいろネットで調べると、成行で注文したからと言って、必ずしも約定するわけではないようです。

例えば、売る人がいなければ、いくら成行で買い注文しても、約定しないそうです。

それはそうだ、僕は思いました。

ただ、なにか釈然としません。

僕が買おうとしているのは、天下のGDXですよ。

この世界中に、売る人が誰もいないなんて、そんな馬鹿なはずはありません。

「金鉱労働者はゴールドマイナーと言うから、金鉱株ETFというのは意外とマイナーな存在なんだろうか」などという、高度な(しかしイマイチな)ダジャレを頭に浮かべつつ、僕は床についた。

「朝になれば、約定しているっしょ、ケンケン」

・・・

11月27日の朝に目が覚めて、パソコンの画面をみてみました。

なんと、まだ約定していませんでした。(注文中の表示)

・・・

約定しないのは、実は簡単な理由だった

「パソコンがインターネットにつながっていなくて、いつまでも画面が変わらなかった」ということではありません。

「買付余力がなくて買えない」とかでもないです。

実は、日本時間の11月27日未明というのは、米国では11月26日です。

11月26日というのは、Thanks giving Day(感謝祭)の祝日です。だから休みなのです

もう少しThanks giving Dayの日付を正確に言うと、米国では、11月の第4木曜日です。そして、今年(2020年)は11月26日がその日だということです。

その後

「成行のままにしておいて、万が一、予想しない高値で買うことになったらいやだな」と思った僕は、一旦、成行注文は取り消しました。

そして、「必ず約定するだろう」という値段で指値で注文を入れました。

そしたら、すぐに約定しました。

約定単価は33.5500 USDでした1

あとは、値段が上がるのかそれとも上がるのか、楽しみです。(下がることは想定外)

期待通り上昇!

僕が買ってからGDXの株価は上昇しています。

えっナニナニ? いくら上がっているかって?

ささやかながら、12月4日現在、10株で1,503円の含み益が出ています。

 

以上です、ケンケン。

註釈
  1. 細かい話ですが、約定単価と取得単価は異なります。取得単価には、買付にかかった手数料も加味して計算されるそうです。[]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA