生活

非接触型体温計 冬は額で測るべきではない

こんにちは、キジくんケンケンブログのキジけんです、ケンケン。

最近はいつも、献血に行くと、非接触型体温計で体温を測られます。どこかのお店で入店時に同じような感じで非接触型体温計で測られたことがある人もいるかもしれません。

そのとき、ひたい(おでこ)で測ると、

34.2℃

のような、明らかに不当に低い値が出ることがよくあります。

そして、低い値が出るとた額で測って同じく不当に低い値が出たりします。

これは無駄なことだと思います。

経験的に、冬は外気に触れていない手首の内側で測ったほうが適切な値が出ます。

おそらく非接触型体温計というのは、外で過ごした人の体温を測るには、ある程度室内で過ごして外の影響がなくなってから額で測るのが正解だと思います1

しかし、外から来たばかりの人の体温をすぐ測る場合はそんなことはしていられません。

次善の策として、手首の内側で測るしかないと思います。

そもそも、非接触型体温計というのは、そんなに正確な温度は出ないようです。

正確な体温を測りたいときは、接触型の体温計で測らないとだめです。

以上です、ケンケン。

註釈
  1. 正確には使い方を説明書で見ないといけません。[]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA