生活

「知らなかった」では済まされない だれも教えてくれない消滅時効の援用

こんにちは、キジけんです、ケンケン。
今日は、鳥のお友達に、人間社会にある「時効」というものについて教えちゃうんだな。

時効と言っても、前(かなり前だけど。)に世間で言われていた「殺人罪など人を死亡させた犯罪であって死刑に当たるものについて公訴時効が廃止された」なんていうのは刑事事件の公訴時効というもので、今僕が言おうとしているのは民事上の消滅時効というものなんだな。

借金をしたら、お金を返さなければいけないけど、消滅時効というものがあって、長い期間が経ってしまうと返さなくてよくなるんだな。

民法の規定では、(お金を借りた人は返さなくていいですよ、という表現ではなくて)「お金を貸した人(債権者)の権利は次のいずれかの場合に、時効によって消滅する」という表現になっている。(民法166条)

一 債権者が権利を行使することができることを知った時から五年間行使しないとき。
二 権利を行使することができる時から十年間行使しないとき。

でも、時効には「援用」というものがあって、要は、「これは時効ですよー」ってアピールしないとだめなんだな。

民法の時効援用の規定

(時効の援用)
第145条
時効は、当事者(《中略》)が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判をすることができない。

「援用」とは、時効の利益を受けるということを相手に伝えることです。
例えば、配達証明付きの内容証明郵便で伝えるとかね(別に電話で言ってもいいけど、言った証拠が残らないから)。・・・はい、ニワトリさん、よそ見しないでね。

はい、つまりこれは、何も言わずに自動的に時効が成立することはないです、ってことです。・・・わかりましたか、コジュケイさん人間は不親切ですよ。

なんで時効を援用するという行為が必要かと言うと、人間社会では

権利の上に眠るものは保護に値せず

という法諺(ほうげん。法のことわざ)があって、利益を得たい人(借金の場合なら「返したくない」と思っている、借りた側)が自分で言わないとだめ、ということなんだな。

あと、世の中には、(いろいろな思惑があって)10年経とうと返してもいいよ、と言う人もいるから、10年(または5年)経ったから自動的に権利がなくなる、というのも変な話なんだな。

それから、

法の不知はこれを許さず

という法諺もあり、「時効の援用なんて知らないよ」と言っても通用しないんだな。・・・わかりましたか、ヤマドリさん

実例

時効を教えず町が勝訴 14年間分の水道料金を請求

時効知らぬ債務者からの取り立て 下関・市営住宅家賃滞納問題 「法的手続き」とは何か

似たような話

法律のはなしではないけど、ほら、野球には、アピールプレーってものがあるでしょ? 僕は野球にくわしいわけじゃないけど、ランナー(走る人)がベースを踏まないで走って行っちゃったときとかに、守備(守る側)が、ボールを持ってベースを踏むかランナーをタッチして、アピールしないとアウトにならないでしょ?

単純に審判に「踏んでないよ」と言ってもだめらしいけど、とにかく守備側(アウトを取りたい側)の行為がなければアウトにならないよね、・・・ウズラさん

*民法の債権法の改正が(一部規定を除き)令和2年(2020年)4月1日から施行されています。前後で情報が変わることがありますので、注意してください。

小鳥さんたちには注意しておくよ、ケンケン。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA