生活

誰にでも関係する 〝困った″レジ袋問題

こんにちは、キジけんです。

2020年7月1日からスーパーやコンビニのレジ袋が有料になったのは、有名ですよね。

ただ、僕の知る限り、スーパーは以前から有料のところがありました。もしくは、レジ袋を断ると何円か引いてくれるところもありました。

なので、そういったスーパーでは、2020年7月1日前後で変わりはありませんでした。

でも「レジ袋を断ると何円か引いてくれる」というのは、有料化の趣旨に反しているのではないか、という疑問はゴモットモです。

まずは、その疑問について調べてみました。

なぜ有料化にならなくてもよいのか

次の3種類の袋は有料化の対象とならないそうです。
①プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
②海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
③バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

まあちょっと難しいけど、要するに、①は「繰り返し使用が可能だからオッケー」、②と③はエコだからオッケーというわけです。

有料化の対象とならない、ということは、無料でもオッケーなのですが、そもそも「レジ袋を断ると何円か引いてくれる」でもオッケーというわけです。

レジ袋に関する困った問題

さて、少し頭がすっきりしたところですが、現在困った問題が起きています。

僕の住んでいるところの近くにあるスーパーが、そのまさに「レジ袋を断ると何円か引いてくれる」スーパーなのですが、僕の声が聞きにくいのか断っても袋をくれます(もちろん、金額を引いてはくれません)。

今、新型コロナで、客である僕はマスクをしています。更に、僕とレジ係の間は、透明シートがあります。こんなこんなで、僕の声が聞こえにくいんです。

まあ、毎回間違えるわけじゃなくて、間違えるのは10回に1回か2回程度です。実際、それくらいなら、僕としてもレジ袋をもらう必要があります。

というわけです、ケンケン。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA