未分類

桃太郎 いよいよ出発

桃太郎「拙者は、鬼ヶ島に行って、鬼に宝物を差し出させますっ! ・・・これでいいですか?」

おじいさん「よく言った! さすが桃太郎! 日本一!」

おばあさん「まあ、うれしいわ。こんな時が来るかもしれないと思って、あの時の桃をずっと冷蔵庫に保管しておいたのよ。冷蔵庫から取り出して、切るとしますか」

桃太郎「『あの時の桃』・・・ですか?」

おばあさん「そうよ。あなたが入っていた桃をずっととっておいたのよ。道中どうちゅう、おなかがいたら、食べなさい」

おじいさん「おばあさんが桃を切ったら、缶詰めにするから」

おばあさんが桃を切ると、おじいさんは金属缶に入れて、シロップを入れ、ふたを熔接しました。

立派な桃じるしの桃の缶詰の出来上がりです。

桃は大きかったので、たくさんの缶詰ができました。

桃太郎は、桃の缶詰を持って出かけようとしました。

おばあさん「あ、お待ち。例のアイテムも持っていきなさい」

桃太郎「例のアイテムですか?」

おばあさんは、串刺しになった3個の黍団子きびだんごをくれました。

おばあさん「黍団子を食べたら、その串は、剣にもなるのよ」

桃太郎は、黍団子の剣を腰に差しました。

桃太郎「では、行ってきます」

・・・

桃太郎は、道中 考えました。

桃太郎(独り言)「いや、待てよ。いくら桃を冷蔵庫に入れていたと言っても、拙者が生まれてから何年たったのだろう。さすがに桃の消費期限は過ぎているだろう。腐っているかもしれない・・・まあ、いいや、桃の缶詰は、そこらへんの動物に食わせて、大丈夫だったら食べるとしよう」

・・・

桃太郎がしばらく歩いていくと、犬がやってきました。

桃太郎「ああ、そこの犬。いいところで出会った」

犬「なんですか」

桃太郎「この桃の缶詰をあげるから、鬼ヶ島まで、鬼の征伐についてきてくれないかな」

犬「えっ、くださるんですか? 桃の缶詰は大好物なんです。いいですよ、ありがとうございます」

犬「・・・あれっ、この缶はプルトップじゃないですね」

犬は缶詰を開けることができません。

桃太郎「そっか、おじいさんは昔の人だからプルトップなんて知らないんだ」

缶詰の蓋はがっちりと熔接されています。

犬「缶切りがないと開けられません」

桃太郎「弱ったな、缶切りは持ってないんだ」

犬「では、大変申し訳ありませんが、鬼の征伐についていくことはできません」

桃太郎「チッ、チッ、チッ、ノンノンノン。犬よ、拙者は『この桃の缶詰をあげるから、鬼ヶ島まで、鬼の征伐についてきてくれないかな』と言ったんだ。それに対してキミは『いいですよ、ありがとうございます』と言ったんだ。これで鬼征伐についていく契約は成立しているんだ。缶切り付きとは言っていないし、ましてや食べるところまで保証はしていない。」

犬「・・・ま、そう言われればそうですね。仕方ないですね。ついていきます。でも、お腰のところに黍団子があるじゃないですか、それ、くださいな。くださらないと、おなかが空いて戦えません」

桃太郎「うーん、そう言われれば仕方あるまい」

 

桃太郎物語 まとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA