未分類

桃太郎による居空き

鬼が酒盛りをしている間に、鬼ヶ島でまんまときに成功した桃太郎たち―

桃太郎「よし、逃げるぞ。舟に宝物を載せろ」

・・・

キジ「ま、まずいです。鬼に勘付かれました」

犬「鬼が追ってきます」

桃太郎「猿、そこの桃の缶詰を、鬼に投げ付けろ」

犬「缶詰が当たったら、鬼も痛いですものね」

猿「缶詰はいいですが、なぜ桃なんですか。『桃太郎だから』なんて言わないですよね?」

桃太郎「桃は意富加牟豆美命と言って、魔除まよけの力があるんだ。どうだ、漢字が読めないだろう」

犬「桃太郎さんは、物知りですね」

桃太郎「テヘッ」

猿「ちなみに、今の漢字は何て読むんですか?」

桃太郎「えっ、わ、あ、・・・そ、そういうのは、猿くん、自分で調べられるだろう?」

キジ「そんなことより、早く投げないと・・・」

猿が投げると、勢いが強すぎたのか、桃の缶詰は、鬼の頭上をはるか飛び越えて、向こうに行ってしまいました。

キジ「だから早く投げてと言ったのに・・・」

犬「あれっ、鬼が桃の缶詰を取りに引き返していますよ」

猿「やっぱり、鬼でも桃の缶詰は好きなんですね」

桃太郎「よし、鬼が桃を食べているうちに逃げよう。・・・ま、初めからこうなることを狙っていたんだ」

キジ「あれっ、鬼の様子がおかしいですよ」

桃太郎「どうしたんだ」

キジ「缶切りがないんで開けられなくて困っているようです」

こうして、鬼たちは、鬼ヶ島に缶詰めになってしまったのです。

 

桃太郎物語 まとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA