ことば

桃子という謎のキャラクターが登場

キジ「桃太郎さん、鬼ヶ島まで行くにはどうすればいいでしょうか」

桃子「そこの、漁民か誰かの舟で行くから。」

犬「あれっ、桃太郎さん、何か雰囲気が変わりましたね。」

桃子「私は桃子よ」

猿・キジ「ええっ?」

桃子「鬼ヶ島に着いたら、鬼と平和に暮らすための和解をするのよ?」

猿「桃子さん・・・でしたっけ? それは無茶ですよ」

桃子「鬼ヶ島を理想の社会にするのよ」

キジ「相手は鬼ですよ?」

桃子「鬼も本当は優しいのよ。・・・さあ、しゅっぱーつ!」

・・・

ささやきながら相談する犬・猿・キジ。

キジ「・・・桃子ってキャラクター、頭がお花畑だ。なんとかしないと・・・」

犬「うーん、・・・」

猿「そうだ! 新明解国語辞典1と岩波国語辞典2で、桃子のほっぺたをひっぱたこう」

犬「急に、何を訳のわからないことを・・・」

猿「2冊とも、桃太郎はあるけど桃子という見出し語はないんだ」

キジ「ナイスアイディアだ」

犬「まあ、普通、桃子なんて見出し語あるわけないと思うけど」3

・・・

桃子「あ、あなたたち、そんな分厚い本でわたしをぶとうとしているでしょ? 刑法208条暴行罪で罰せられるのよ。・・・暴力ハンターイ。」

猿「け、刑法で罰せられる行為は、人間の行為だけだ」

キジ「よし、桃子、これをくらえ・・・(ペシッペシッ)・・・あれっ、効かないな」

猿「キジくん、それは、明鏡めいきょう4三国さんこく5だろ」

キジ「間違えた」

猿「明鏡と三国にはジェンダーフリーという見出し語もある6んだ」

犬「今度こそ。岩波と新明解をくらえ・・・(ペシッペシッ)・・・」

桃子「もはやこれまで・・・」

・・・

桃太郎「あれっ?」

犬猿キジ「気づきましたか。桃太郎さん」

こうして一行は無事、鬼退治を目指すことになったのでした。

 

桃太郎物語 まとめ

註釈
  1. 新明解国語辞典第八版[]
  2. 岩波国語辞典第八版[]
  3. 話は逸れるが、中国語(現代漢語)では、桃の実のことを桃子taoziというそうな。だとすると、桃子が桃子から生まれたなんてことになってしまうのかな。[]
  4. 明鏡国語辞典第三版[]
  5. 三省堂国語辞典第七版[]
  6. 三省堂国語辞典第七版には、ジェンダーの子見出しとしてジェンダーフリーは存在する。[]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA