ことば

おもしろくない台風のアジア名

こんにちは、キジくんケンケンブログのキジけんです、ケンケン。

今年も台風の季節ですね。

なんだか最近は台風にはアジア名というものがあるそうですね。例えば、このあいだの台風10号は「ハイシェン (Haishen) 」だそうです。「海神」を意味する中国語だそうです。

台風は海で生まれるものだし、「海神」というのは関係あると言えば関係あります。だけど、台風のアジア名 を見てもあまり面白い名前がないですね。

日本からは、星座の名前を出しています。「140個のアジア名のうち日本からは、星座名に由来する名前10個を提案しています。星座名を提案した理由として、特定の個人・法人の名称や商標、地名、天気現象名でない「中立的な」名称であること、「自然」の事物であって比較的利害関係が生じにくいこと、大気現象である台風とイメージ上の関連がある天空にあり、かつ、人々に親しまれていることが挙げられます。」という理由だそうです。(台風のアジア名の付け方

中立だとか利害関係が生じにくいとか考えるから面白くないんですね。以前のように、アメリカの人名でABC順に付けていくというならまだ意味はあります。アジア名なんて、人名という枠もないし、ABC順ですらないですものね。

各国語で鳥の名前をつけていく、というのなら意味はあると思います。例えば、日本語なら「キジ」「ニワトリ」「コジュケイ」「ウズラ」とか。

あるいは、何の名前でもいいので必ずABC順にするとか。例えば、日本は必ずBで始まる名前を出す。バカヤロウ、バカンス、ビンボウ、ブタ、ベンキ、・・・。Cなら、チクショー、チンピラ、チョウシノルナ、とか。

中国語は、英語などと違って、QやXで始まる言葉がたくさんあるから、中国はQとX担当でいいと思います。

・・・まあ、そうもならないでしょう。

ということで、やはり台風は10号とか11号みたいに番号で呼ぶのがいいと思います。そして、今やっているように、大きな台風だけ「令和○年ナントカ台風」と呼ぶのがいいと思います。

以上です、ケンケン。


追記:
2018年台風16号の「バビンカ」は、マカオが用意した名前でプリンの意味です、というような情報があります。確かに、プリンはおもしろいです。しかし、それを「バビンカ」と呼んでしまっては元も子もありません。プリンはプリンと呼びたいものです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA