ことば

漢字だけで書く副詞と、それに続く名詞の区切り

こんにちは、キジくんケンケンブログのキジけんです、ケンケン。

漢字で書く副詞の後に、漢字で書く名詞が続く場合、区切りが分かりにくいです。

・「毎日新聞を読む」
⇒「『毎日新聞』という新聞を読む」という意味にもなりうるし、「新聞を毎日読む」という意味にもなりえます。

・「今日本人は、・・・」
⇒「いま にっぽんじん(にほんじん)は」とも読めるし、「きょう ほんにんは」とも読める。

ここまでダブルミーニングでなくても、漢字が続いて読みにくいことはあります。

「正直」「従来」「到底」「通常」・・・など、漢字(だけ)で書く副詞はたくさんあります。

それをひらがなで書きましょう、というのはおかしいです。

僕は、漢字が続いて読みにくい場合は、スペースを入れることを推奨します。

漢字で書く副詞の後は必ずスペースを入れましょう(必ず分かち書き)、ということではありません

誤読や誤解を防ぐため、スペースを入れたほうがいい場合もあるということです。

(2021年8月18日追記)
或いは、’ (アポストリフィ)を使うという考え方もありうる。

・「毎日新聞を読む。」
→「「毎日新聞」を読む。」
→「毎日’新聞を読む。」

・「今日本人は、・・・」
→「今’日本人は・・・」
→「今日’本人は・・・」

以上です、ケンケン。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA